文字サイズ

ホーム > FTとは?

からだにやさしい不妊治療

FT*(卵管鏡下卵管形成術)とは?

FTとは、不妊治療のうち、卵管が狭くなったり詰まったりして、卵子や精子が卵管を通ることができない「卵管性不妊症」の患者さんを対象にした内視鏡治療のひとつです。カテーテルと呼ばれる細い管を膣から子宮、そして卵管入口まで挿入し、カテーテルに内蔵されたバルーンを卵管内で押し進めることで詰まった卵管を拡げる治療法です。
メスなどによる切開を行うことなくカテーテルを挿入するため身体への負担が少ないのはもちろん、治療時間も30分程なので外来での治療が可能です。また、治療と同時に、内視鏡(卵管鏡)で卵管内の状態を確認することもできます。このFTは保険が適応されています。

*Falloposcopic Tuboplasty

FTの特徴

●日帰りでの治療が可能
●基本的に1回の治療で済むことが多い
●身体への負担が少ない
●自然妊娠の可能性が高まる
●健康保険が適用されている

前述しましたように、FTは外来での治療が可能ですので入院は不要です。
ただし、子宮、卵巣、卵管周囲などに問題がある際はFTと腹腔鏡下手術を同時に行うこともあり、この場合は入院が必要になることもあります。かかりつけの先生とよく相談のうえ、治療をすすめてください。

FT(卵管鏡下卵管形成術)開腹の卵管形成手術
FTを単独で行う場合FTと腹腔鏡下手術を
同時に行う場合
手術の時間約30分2~4時間3~8時間
手術後の痛みほとんどない少ないある
手術後の傷跡ない小さな傷が
2~4カ所
約7~15cmの傷跡
手術後の入院日数当日帰宅約2~5日約5~14日

監修:IVF大阪クリニック 院長 福田愛作 先生   

事前検査などで、この手術を受けられないと判断されることもあります。

矢印からだにやさしい不妊治療 サイトマップ



Copyright (C) TERUMO CORPORATION, All Rights Reserved.